クレジットカードさえあれば現金化は可能?

HOME » 必要書類ガイド » クレジットカードさえあれば現金化は可能?

クレジットカードさえあれば現金化は可能?

クレジットカード現金化業者は、数が増加傾向にあり街中でも目にする機会が増えてきました。
クレジットカードの現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を本来のショッピングに利用するのではなく、現金に換えるという方法。
使用可能な状態のクレジットカードを所持しているだけで、審査などが必要ではないため気軽に利用する方が増加しているサービスです。

しかし、本当にクレジットカードを所持しているだけで現金化をするなど可能なのでしょうか。
基本的に、クレジットカード現金化の申し込みの際には、本人確認書類として「身分証明書」の提示が必要となります。
運転免許証や保険証、所持していない場合はパスポートなどです。
現金化の仕組みとは、業者から指定の商品を購入し、業者が買い取りを行うことによって現金を作るという方法です。
そして、購入した商品の返送前に現金を渡すという方法を採用している業者が多いようです。
ただし、現金を渡したのにも関わらず利用者から商品が返送されない場合、現金化業者は痛手を追います。
そのため、身分証明書の提示が必要となるのです。

しかし、クレジットカードの現金化などを請け負う業者に対して、身分証明書を提示してしまう事が危険ではないかと考える方も多いのではないでしょうか。
悪用される危険性や、情報を転売されるリスクなども懸念されます。
店舗型の業者では無い限り、身分証明書の提出方法は、メール、郵送もしくはホームページへアップロードをします。
インターネット上で行われる場合は特に心配になりますが、優良な現金化業者であれば十分なセキュリティ対策を取り入れているため、基本的に心配は不要でしょう。

一部では悪徳な現金化業者もあるため、身分証明書が悪用されないように見極める必要はありそうですね。
リスクはあれど、基本的に必要な物は現金化に使用するためのクレジットカードと身分証明書だけであると考えておいて良いでしょう。