クレジットカードの現金化で書類を提出する際の注意点

HOME » 必要書類ガイド » クレジットカードの現金化で書類を提出する際の注意点

クレジットカードの現金化で書類を提出する際の注意点

クレジットカードの現金化に必要な書類は、クレジットカードの名義人部分が確認出来るもの、身分証明書です。
また、現金を送金してもらう場合には銀行口座も必要になります。
しかし、反対にクレジットカードの現金化に「不必要な書類」も理解しておく必要があります。
これは、不必要に個人情報を抜き取られ、悪用されることを防ぐため。
また、不必要な書類や情報を聞きだそうとする業者は悪徳業者であると判断出来るため、注意点を理解しておくことによって悪徳業者の利用を防ぐことにも繋がるのです。

絶対に提出してはならないものであり、最大の注意点は「クレジットカード番号」の提出です。
悪徳業者が提出を促すものでもあるのです。
クレジット現金化を行っている業者のビジネスとは、「貸金業」ではなく「中古品買取業」。
中古買取の古本屋さんなどをイメージしてみてください。
古本屋さんで、クレジットカード情報を求められることなどありません。
「クレジットカードの現金化」といったワードから、クレジットカード情報も必要であると勘違いをしてしまいがちです。

クレジットカード情報の提出を求める業者は、クレジットカードの現金化をビジネスとせずに個人情報を入手することを目的としている場合が多いのです。
基本的に実態がないため、提出してしまった情報は取り返すことが難しいと考えておきましょう。
また、クレジットカードの裏面に表記されている3桁の数字、クレジットカードセキュリティコードも提出が不要です。
クレジットカード番号同様に、非常に重要なカード情報となります。

これらの情報が手元にあれば、インターネットなどで買い物をする事が可能となってしまいます。
これは不正利用ではあるものの、クレジットカードの現金化を利用したという事実がクレジット会社に伝わる可能性が高いです。
ショッピング枠の現金化は規約違反となるため、利用停止や使用金額の一括返済などが必要となります。