クレジットカード作成時の必要書類

HOME » 必要書類ガイド » クレジットカード作成時の必要書類

クレジットカード作成時の必要書類

クレジットカードの現金化には、当然クレジットカードが必要です。
新しくクレジットカードを作る場合、クレジットカード作成時の必要書類をあらかじめ用意しておく事で、クレジットカードを作成することもスムーズになります。
ショッピング枠現金化を急いでいる場合、事前に必要書類を確認してみましょう。
クレジットカードを作成するための必要書類は全部で3つです。

まずは身分証明書が必要になります。
運転免許証の両面をコピーしたものが良いでしょう。
運転免許証を所持していない場合、マイナンバーカード、パスポート、住民票の写し、住基カードが必要です。

2つ目に必要なものは利用金額の引き落とし口座です。
ネットバンクでは対応していないクレジットカードもありますので注意が必要です。
メガバンクかゆうちょ銀行の口座を用意しておくことがおすすめです。

最後に引き落とし口座の銀行印。
口座に登録している銀行印のことです。
万が一紛失してしまったなどという場合には、銀行窓口での手続きが必要となります。
ただし、印鑑を用意せずに作成が可能なクレジットカードも増えています。
印鑑を紛失してしまった場合や、印鑑登録を行っておらず手続きを行う時間も無いという方は、印鑑不要のクレジットカードを作成しましょう。

クレジットカードを初めて作成する方は、戸籍謄本や住民票なども必要書類なのではと考える方も少なくはないようです。
しかし、戸籍謄本や住民票など準備が面倒な書類は基本的に必要ありません。
クレジットカードの作成は、身分証明書、引き落とし口座、印鑑を持っていることで簡単に作成できてしまうのです。

注意点としては、新しくクレジットカードを作成した場合、ショッピング枠の利用額が低いという点です。
少額の現金化であれば問題はありません。
しかし、高額の現金が必要な場合は、現在所持しているクレジットカードを利用することがおすすめです。
還元率が高いものを選んで、現金化に利用しましょう。