クレジットカード現金化に必要な書類の提出方法

HOME » 必要書類ガイド » クレジットカード現金化に必要な書類の提出方法

クレジットカード現金化に必要な書類の提出方法

ショッピング枠現金化は、クレジットカードさえあれば利用可能であるとされています。
しかし、実際には他にも必要な物があったのです。
クレジットカードのショッピング枠を現金化するためには、主に3つのものが必要。
まずはショッピング枠のあるクレジットカード、身分証明書、銀行口座です。

クレジットカードは、ショッピング枠の利用限度額が残っている必要があります。
ショッピング枠残高は、クレジットカード会社に問い合わせることで確認可能。
クレジットカードのショッピング枠を現金化する場合、身分証明書も必要となります。
顔写真付きのものが望ましく、提出しなければならない身分証明書の種類は業者によって異なります。
健康保険証など顔写真の付いていない身分証明書の場合、公共料金の請求書等の提出も必要になる場合があるため、必要となる身分証明書の種類は事前に確認をしておきましょう。

最後に銀行の口座です。
これは現金化をした現金を受け取るために必要となります。
送金手数料などの関係から、ネット銀行がおすすめです。
ただし「書類」として必要となるのは、クレジットカード情報と身分証明書です。
これら3つは、インターネット上で申し込むタイプの業者も店舗型の業者であっても同様に提出・用意が必要です。

提出方法は、店舗型のクレジットカード現金化業者であればその場で担当者へコピーを渡します。
ただし、担当者へ身分証明書などをそのまま預けることは危険です。
目の届かない場所や、スキャンなどを行われる可能性もあるため、必ずコピーを渡しましょう。
インターネットサービスであれば、スマートフォンなどで撮影した写真を送信する提出方法が一般的。
クレジットカードは不正利用の被害も多いことから、現金化業者も不正利用を予防するために身分証明書などの提出を義務付けています。
悪徳業者を利用しない限り、身分証明書などを悪用されるケースは無いため、優良な業者を見極めて提出をしましょう。